about

S’amuserはフランス語で『楽しむ』。


奈良県の自然豊かな平群町、

Komorebi gardenというイタリアンダイニング&カフェの敷地内に

小さなログハウスの洋服屋さん「サミュゼ」はあります。


サミュゼの服は主にリネンやウール、ガーゼなどの天然繊維を使って

着る方に寄り添い、着心地の良さにこだわって

シーズンごとにオリジナルのデザインで展開しています。


店内では生地の色、サイズ変更等のセミオーダーも可能。


春と秋の年2回、サミュゼの店舗やその他ギャラリーなどで

新作発表を兼ねた展示オーダー会を開催しています。


S’amuserデザイナー

平尾 美之


2003年 主人の転勤に伴いロサンゼルスに滞在

子育ての合間に友人と始めた自宅ショップにて

当時流行していたカフェエプロンを制作販売を開始。

サンタモニカのお土産屋さんなど、委託販売や、地元イベントにも出店。


2007年 日本に帰国。

エプロンやジャンパースカートなど、自宅ショップでの販売や、手作りイベントに出店。

お客様から「私が入るサイズにして」などの要望が増え、改めてパターンの勉強を開始。


2013年 再びアトランタへ滞在するも、

その2年後、陶器作家の方と現在のお店の基盤「めい+サミュゼ」をオープン。


2018年 5月 独立。現在のS’amuserに。

裁断や縫製のスタッフも増え、現在は4名にて製作中。